ほとんどは拠出する。

 7億円も如何にも人生で活かしきれないと思うので、6億円は拠出する。国の経済がスゴイと言っているから、世界中に寄付する狙いですが、もしも7億円当たった場合悲劇などで耐える店舗があれば、そっちに寄付すると思います。世界中に寄付しても政治実家が無駄遣いしそうな場合は、今後性の生じる検証をなさるラボや大学の検証室の時、検証費が少なくて思うように検証が進んでいない所に回避して寄付したいとも考えています。

 1億円を手元に記したのは、父兄の老後のお金と自分のこれからのライフスタイルと老後のためです。しばしば老後は蓄え2千万あればはじめてくつろげるって訊くので、それくらいでいいかなと思いました。2千万円では短いという解釈もありますし。

 父兄が要介護状態になった事、僕は体力的にも父兄を抱き締めることはできないので、老人ホームを考えていますが、装備や人員が十分な地を探して入れてあげたいだ。そのためには、それなりの費用がかかると思われます。

 父兄に使って残る当たりにはしかたをつけず、普通に今まで通りの暮らしをしていきたいだ。さっと運用に回して運用して繰り返すかもだ。そして、それを自分の老後に入居する老人ホームの費用に充てたいだ。私の没後残る金銭は遺言書を残して置き、またどこかに寄付したいだ。模試 採点 バイト