悔恨だらけのライフ。だからこそ時空引越しができればやりたいことは何でもやりたい

わたしはこれまでの一生、悔いしかしていません。「こうすればよかった」なんて想うことはみんなが経験していることでしょう。それでもわたしは過去にとらわれすぎているのか、一生9割上記が悔いで色々だ。家庭内暴力、学生時代の全てがいじめで消えた店、男性に弄ばれた店。周りのパーソンがうらやましいと思えてなりません。そんなときに思います。ここまで様々な経験をしたわたしが、もし時間マシンなんていう画期的なものがあったなら…。過去に戻ってすべてをやり直したい。今の父さんとお母さんが出会わないようにしてわたしが生まれないようにしたり、乳幼児時代のわたしを乱暴やいじめから遠のけたり要因がなんだったのか探ったり、わたしを弄んです男性に仕返しをしたり…。そんなことばかり考えてしまいます。そして、もしそんなことが叶って昔が変わったらいかなる先ができ上がるのだろうかとも考えます。わたしはnoのか、違う形で生きているのか、はたまた別の一家の元で暮らしているのか、おとうさんは同じなのかもしくは女の子か、もしくはすっかり知らないパーソンとの乳幼児になっているのか。いじめられずに生きたわたしはどんな本性になっているのか、嬉しいのか、大衆知らずなのか、父親を弄んでいるのか、目下なんかよりずっとステキな一生で、悔いがないのか…。不安や憶測は様々出てきますが、それははなはだ自分自身の空理空論であり、それによって他人に迷惑をかけてしまうことだって否定できません。だからこそ、おそらく「時間マシンがあったら貴方はどうしますか」なんて設問を投げかけたら全てのパーソンは自分の一生の結果だけに使うと思います。私のように昔を入れかえる他人、先を考える他人、賃金の結果、夫人や父親を自分の都合の良いようにするため…。人間の回数だけ熱望があると考えます。だからこそ、時間マシンなんてあったら人は滅亡することでしょう。コストコ 年会費